札幌・函館・旭川・女満別・釧路など北海道発着の格安航空券ご案内ページです。片道と往復の航空券どちらも検索できます。

  • ツイッター
  • Facebook
  • LINEで送る
06-6345-3283

月~金 10:00~19:00 土 10:00~17:30(日祝除く)
航空券オンライン予約の電話予約は1区間1席1,500円にて承ります。

北海道発
札幌

札幌

北海道の道庁所在地であり、JRや飛行機などで各地への移動ができます。日本最古の塔時計である札幌のシンボルである時計台・羊ヶ丘展望台にあるクラーク博士像、北海道の開拓当時の暮らしぶりを伝える屋外博物館など多くの人気の観光スポットが多くあります。夜景100選の藻岩山、幌見峠展望駐車場などの夜景もあり駐車場の車の中から寒さを気にせず夜景を楽しむことも出来ます。食べ物では、札幌ラーメンや郷土料理で羊肉を使ったジンギスカン、 近年人気のスパイスの効いたさらさらのスープに大きな具材が特徴のスープカレーがお勧めです。
夏には1992年から開催のよさこい祭りや花火大会、秋には札幌マラソン、冬にはさっぽろ雪祭りがあります。
お土産には根強い人気の白い恋人が人気です。

函館

函館

はこだて海鮮市場があり、早朝水揚げされたばかりの新鮮な魚介や生簀の活がにで作った海鮮丼は絶品で、海産品をはじめ、定番の銘菓や乳製品・ソーセージ・カレー・ラーメンなども豊富です。
函館港を見下ろす位置には旧函館区公会堂があり、左右対称のコロニアルスタイルとブルーとグレーの色が特徴な美しい建物で、年間を通して22時までライトアップがおこなわれています。また、日本三大夜景に選ばれている函館山から望む、函館市の夜景が有名で、ロープウェイもしくは時間があれば登山して頂くことも出来ます。
玄関口となる函館空港は、函館市の中心部から9km(バスで20分)・函館の奥屋敷と言われている湯の川温泉からわずか4.5kmの位置にあり、利便性の高さも魅力です。

旭川

旭川

テレビでも紹介され、映画にもなった旭川動物園や、 雪の結晶をイメージした中世ヨーロッパのような雪の美術館があります。雪の美術館は結婚式やコンサートや個展にも利用されており、真夏でも氷点下15度の世界が広がっています。また、旭川で有名な旭川ラーメンや、B級グルメで美瑛町のみで販売しているファストフードのジュンドッグが人気です。他にも、旭川駅から徒歩10分の位置に、市民と観光客の胃袋を満たしてくれる「36街」という町があります。西神楽就実の丘という北海道ならではのどこまでもまっすぐな道があり、旭川市街遠景、大雪山連邦・十勝岳連峰を一望できます。

富良野

富良野

北海道の中央にあり「へその町」として知られ、ドラマの「北の国から」の舞台として有名です。
「ふらのラベンダー」としてかおり風景100選に選出されています。7月には富良野のラベンダー祭りが開催されており、見頃を迎えたラベンダー畑や夜には幻想的な花火が鑑賞できます。また、ラベンダーを使用したアロマオイルなどがオススメです。市営のワイン工場ではワインの試飲や購入もでき、乳製品が豊富で富良野チーズ工房ではチーズやアイスクリームなどが作れます。富良野スキー場もあり、年間を通して様々なイベントを行っています。

釧路

釧路

周辺には釧路湿原が広がり、霧の町と言われ景勝地に指定された「釧路湿原国立公園」や年間を通して丹頂鶴を観察できる「丹頂鶴自然公園」があります。環境を生かしカヌー等のアウトドアが人気です。夏が特に涼しい地域で「くしろ長期滞在ビジネス協会」が長期滞在のサポートを行っております。歌人の「石川啄木」のゆかりの地であり、港文館では関連資料が展示されています。テレビに何度も取り上げられている北海道三大市場の一つである和商市場が有名で、白米を購入して店で好きな具(サーモン、ホタテ、イクラ等)を乗せて食べる「勝手丼」が味わえます。
冬に「くしろ冬まつり」が行われており、雪像に投影するプロジェクションマッピングや石炭を使ったゆきだるま、巨大氷迷路が各所に出現します。

帯広

帯広

広大な十勝平野がある町です。十勝ネイチャーセンターがあり、春から秋にかけて十勝平野を一望出来る熱気球のフライトの体験、冬にはスノーモービルやスノーラフティングなどのアウトドアスポーツをインストラクターの指導の下楽しむことができます。農業や酪農が盛んで牛乳を使った乳製品を作っています。北海道遺産に認定された十勝温泉があり、モール温泉として日本で初めて有名になった温泉です。
帯広駅からバスで15分の距離に帯広百年記念館があり、マンモスがいた時代から農業・漁業など次第に開拓が進む近代までの十勝の歴史を学ぶことができる施設です。体験教室やゲームなどの多彩なイベントを開催しており分館の埋蔵文化財センターでは遺跡から出土した品の公開も行っています。

網走

網走

オホーツク海に面しており、毎年シーズンになると破氷船が運行され、名物の流氷を間近で見ることが出来ます。
また、「あばしりオホーツク流氷まつり」と呼ばれる雪像祭りも開かれています。天都山山頂にあるオホーツク流氷館では実物のオホーツク海の流氷を見ることが出来、他にも“流氷の天使”と言われるクリオネやフウセンウオなどの海洋生物が飼育展示されています。
女満別空港があり、世界遺産に登録された知床への主要アクセス空港となっています。また、食べ物ではオホーツクサーモンが有名で美食家の北大路魯山人の著書「魯山人味道」でその美味しさが絶賛されており、お盆前に獲れる「早戻りマス」は脂ののりもよく、鮭児に美味しさが匹敵するとも言われています。